東海眼科 TOKAI EYE CLINIC

診療予約はこちらから

東海眼科について

医師紹介(常勤医師)

  • 理事長 中井 義秀 医学博士

    日本眼科学会専門医、PDT(光線力学療法)認定医

  • 院長 中井 義典

    日本眼科学会専門医、PDT(光線力学療法)認定医

  • 別所 京子

    日本眼科学会専門医、PDT(光線力学療法)認定医

  • 生野 裕子

    日本眼科学会専門医、PDT(光線力学療法)認定医

  • 田岡 香

    日本眼科学会専門医

スタッフ数

医師
常勤/5名  非常勤/約8名
検査員(OMA、ORT等)
19名
看護師
9名
事務
14名
その他
16名

実績

2017年(1月~12月)

白内障
1564眼
硝子体手術
267眼
網膜復位術
24眼
抗VEGF抗体硝子体注射
646眼
網膜レーザー光凝固術
-
PDT光線力学療法
97眼
眼瞼手術(眼瞼下垂・眼瞼内反症)
132眼
涙道手術
-
緑内障手術
25眼
翼状片手術
39眼
斜視手術
13眼

2018年(1月~12月)

白内障
1993眼
硝子体手術
303眼
網膜復位術
28眼
抗VEGF抗体硝子体注射
672眼
網膜レーザー光凝固術
735眼
PDT光線力学療法
74眼
眼瞼手術(眼瞼下垂・眼瞼内反症)
108眼
涙道手術
80眼
緑内障手術
36眼
翼状片手術
73眼
斜視手術
20眼

H29年度手術件数

東海眼科は三重県の中央部県庁所在地の津市にあり、津駅前の立地条件の良い場所にあります。

現在スタッフは院長をはじめとし、総勢70名です。ベッド数19床で、眼科手術全てをこなす総合型の医院であります。

一日の外来数は約250名前後で、手術は金曜日を除く毎日行っていますが、
現在の白内障待ち日数は約4ヶ月と患者様にご迷惑をおかけしています。

その解除の為にも日帰り白内障手術も積極的に取り入れていますが、まだ改善とはいっていないのが事実です。

当院では遠方より来院される患者様の為にも、その日に出来る検査及び治療はその日の内に済ませる様にしています。

眼科検査及び治療は散瞳をして行う事が多いので、患者様は車の運転をしないで来院される事をお勧めします。

救急24時間受け付けについて

当院は眼科救急指定として救急患者様を24時間受け付けています。

2016年度1年間の時間外及び深夜の受付人数は1804名でした。

時間外の患者様の内、その日の内に処置しなければならない患者様は1%で
他の99%は翌日でも良い患者様なのですが、
私たちは1%の患者様の為にも救急受付を続けていくつもりです。

検査について

当院では、患者様の苦痛のない検査をと考えています。最新の検査の代表を2つ程紹介します。

  1. シラス HD-OCT

    眼底の断面及び3次元の断層画像を検査出来ます。
    眼に触れることなく、網膜の高分解断層写真を作る非侵襲性のコヒレンスニ干渉分光法を使っています。

  2. HRAⅡ 蛍光眼底造影検査

    フラッシュなしで検査可能です。
    眼底の詳細な所見を得るためには、肘静脈よりフルオセンNaやインドシアニン・グリーンを静注して造影検査が必要です。
    従来の機種では、強いフラッシュ光を何回も(30回位)照射するので、この検査は大変な苦痛を伴いました。
    当院のHRAⅡでは、デジタル画像でフラッシュは全く必要なく、眩しさによる苦痛はなく鮮明な画像が得られます。

スタッフの研修について

医療は日進月歩といわれています。眼科医療に携わる私達も勉強を忘れてはなりません。
当院では、

  • 医師の国内外での学会発表及び出席
  • ナースをはじめとする国内外での発表及び出席
  • 院内での勉強会(月曜 夜8:30~)

等、常に広い視野をもって、眼科医療の勉強を続けています。
今後も患者さんへのよりよい医療を目指して舞進していく所存であります。